豚コレラの脅威 人間への感染は?

豚コレラという病気が流行っています。

2月6日に愛知県で豚コレラ発生が確認されました。

農林水産省においては対策本部が設置されました。

強い伝染力と高い致死率が特徴ですが、

豚コレラは人間に感染することはありません。

万が一豚コレラになって豚肉を食べても、今の所、豚コレラに感染した人は無いのです。

人間はあまり心配しなくてもいいのですが、

治療法はなく、豚コレラの症状としては発熱、食欲不振、元気消失等、

うずくまりなどがあると、危険信号だそうです。

家畜伝染病予防法にて家畜伝染病に指定されています。

養豚業者の皆さんにすれば、愛情込めて育てた豚が

ある日突然死んでしまう訳ですから、たまったもの

ではありません。

思い出せば、過去に豚インフルエンザというのも

ありました。これは新型インフルエンザとも言われ、

人間にもかかることになり、平成21年には日本列島が

パニックになったことをよく覚えております。

人間というものは、いつになっても、治療法を確立した

と思ったら、いつの間にか次の脅威が迫ります。

動物もそうですが、人間も病気の苦しみを味わいます。

仏教では四苦八苦の一つ、病苦と言います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です