ヨドペイとは?仏教から見たキャッシュレス社会

ヨドペイとは?

ヨドバシカメラが独自のスマートフォン決済システムを

開発していることが明らかになりました。

全国に4000万人の「ヨドバシゴールドポイントカード」と連携したサービスなども検討されているそうです。

筆者は、そのカードを所持していますので、今後の展開がとても楽しみです。

まだまだ詳細は不明です。

Paypayなど、スマートフォンによるキャッシュレス決済が流行り

つつあります。

特に中国に行くと、もはや現金を使っている人が少数派で、

中国旅行から帰ってきた人が、如何に日本が遅れているかを

力説してくれます。

キャッシュレス決済とは言われますが、私の予想ですが、

まだまだ必要性に乏しいというのが実感です。

勉強会にやってくる人に聞いてみても、システムエンジニアという

時代の最先端にいそうな人でも、なぜか使っていないということ

があります。

実は、キャッシュレス社会の前に、クレジットカードが実は既に

流行っていることをご存知でしょうか。

実はクレジットカードの発行枚数は実に3億2,352万枚なんです。

※日本クレジット協会の調査

しかし、じゃあ、クレジットカードで支払う人がほとんどかと

いうと全くそうではありません。

持っていないから使わないのではないので、皆が持つようになれば

使い始めるのかというとそうではありません。

ICOCAカードなど、交通系のICカードはおお流行りしています。

普通に暮らしていると、現金で切符を買う人が少なくなりました。

クレジットカードは使わず、ICOCAカードは流行る。

これは、支払いがその場で終わるという安心感が大きいと思います。

金銭管理をする上で、現金が目の前にあるという安心感、また

未来のお金を使うという不安感もあります。

キャッシュレス社会は実現した方がいいですし、便利な世の中に

なるとは思いますが、

「簡単」「カッコいい」という、イメージ戦略だけでは、限界が

あります。

クレジットカード払いが流行っていない原因は何なのかを知る

必要があります。

楽を求めるのは人間の煩悩です。

仏教では、睡眠欲という欲の心があります。

睡眠欲は眠たい、いつまでも寝ておりたい、休みの日

となるといつまでも寝ている姿です。

また楽がしたいというこころです。

全人類の進歩は睡眠欲を求めてのこと。

少しでも楽ができるように、あらゆる電化製品、

洗濯機、炊飯器、Amazon Echoも作られました。

このどんどん楽な世の中になるという趨勢は変わらない

ので、安心かつ楽という発展を待ちたいと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です