堀ちえみ がん公表 自分にもありうる未来と仏教

タレントの堀ちえみさんが、ブログでガンであることを告白しました。

口腔がんとのことです。

私の出身と近い、大阪府堺市出身で、ちちんぷいぷいなど、関西のTV番組でよく知らされた人気タレントです。

何とか、回復を念じたいと思います。

本当に、明日は自分のことかもしれないと、恐ろしく思います。

仕事も順調、家族も元気、何もかも上手くいっているときに、突然の不幸が襲います。

どうして、

私だけこんな目に

と思ったことのない人が無いのではないでしょうか。

人は、いつも、幸せは自分にやってきて、

不幸は他人にいくと思いがちです。

年末に宝くじを買いにいく人は多くありますが、

1等があたるかもしれないという可能性があるから

でしょう。

もちろん、可能性はあるのですが、ご存知でしょうか、

2000万分の1です。

どれくらい当たるのが難しいかと言いますと、

宝くじの紙を東京ドーム4.5個分の敷地に並べ、

そのうちの1枚が当たるという確率です。

400キロのお米に(1キロ5万粒として)から赤く染めた

米粒を混ぜ、よくかき混ぜて、電気を消して一粒選び、

電気をつけたらその米粒だったという確率です。

年賀はがきの1等(100万分の1)に当たった人が、

チョコボールをその場で買い、銀の当たり(20分の1)

も出る確率です。

無いと言ってもいいくらいありえないことです。

しかし、不幸なことについては、自分には来ないと

思ってしまいます。

交通事故で今年死ぬ確率は、大体、3万分の1

がんで死ぬ人は、男性(4人に1人) 女性(6人に1人)
 2015 国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報セン
ター調べ

人は確率を無視して生きると言われます。

200万フライトに1回しか事故が起きない飛行機より、

自動車の方が安心して乗れる気持ちがします。

新幹線で人が切りつけられたという事件を聞くと、

密室で逃げられない状態となり、切りつけられたら

どうしようという不安がありますが、新幹線における

死亡事故は未だに0件ですし、新幹線内での殺人も、

毎日多くの人が利用し、年間2億9000万人が乗って

ていることを考えると、無視できるほどの確率です。

私達の最も確実な未来はなんでしょうか。

人生の最後は決まっています。

確実な未来を無視して生きてはならないと、

お釈迦様は教えられました。

仏教の視点から人生を見つめると、人生観が一変し、心から充実した人生を送ることができます。

是非一度、仏教にしかない視点を学んで下さい。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です