篠田麻里子さんの結婚相手は?激情と無常

篠田麻里子さん 結婚相手は?

元AKB48のメンバーである篠田麻里子さんが、2月16日に

結婚していたことが2月20日に明らかになりました。

知り合って5ヶ月、交際0日というスピード婚です。

お互いのいい所も悪い所も分かった上で結婚するのが普通だと

思うのですが、しかしタイミングと勢いが大事だと思います。

お相手の方は、玄米を食べて育ったということしか分からず、

玄米婚とも言われています。

FX中級者さんではないかとも、言われています。

仮想通貨トレーダーということでもあり、IT系に詳しい人

かもしれません。

初めて2人で食事をした時にプロポーズというのは今後流行る

かもしれないなと思います。

確かに、篠田麻里子さんと2人で食事できるチャンスがそうそう

あるとは思えませんし、イチかバチかでプロポーズというのは、

案外理にかなっているのかもしれません。

恋は盲目と言われますが、お互いがお互いを尊重し、認めあい、

仲良くする努力をすることが続けば、案外上手くいくので

しょう。

3年ほどで、恋の激情は冷めると言われますが、それを超えて

本当に続くかどうかが問われています。

「女心と秋の空」

という言葉もあり、

「男心と秋の空」

とも言われます。

心コロコロと言われ、お盆の上の卵のように、じっとは

していないのです。

すぐに心が揺らぐのです。

仏教では心が無常であると教えられています。

だから仏教では、人間の心のことを「機」と言います。

どんな機械でも、外からはたらきかけられて動き出します。

ちょうどそのように私たちの心も、まわりの環境とか、

周りの人が言った言葉とか、外からの作用によって

どうにでも動き出しますので、

「機」といわれるのです。

愛は時を忘れさせ、時は愛を忘れさせるとも言われます。

サラリーマン川柳という第一生命が30年以上前から

続けているものがあり、種々の名作(笑)が選出されて

います。

“ゴミだし日(び) すてにいかねば すてられる”
“このオレに あたたかいのは 便座だけ”
“昼食は 妻がセレブで 俺セルフ”
“『ゴハンよ』と 呼ばれて行けば タマだった”
“「ご飯いる?」 「いる」の返事で 妻不機嫌”
“「今帰る」 妻から返信 「まだいいよ」”
“減っていく… ボーナス・年金 髪・愛情”
“赤い糸 やがて夫婦は コードレス”
“この鎖 たしか昔の 赤い糸”
“父見捨て 子供プレステ 母エステ”
“妻の声 昔ときめき 今動悸”
“プロポーズ あの日にかえって ことわりたい”
“恋仇 譲れば良かった 今の妻”
“いい夫婦 今じゃどうでも いい夫婦”
“「離さない!」 10年経つと 話さない”
“土地もある 家もあるのに 居場所なし”
“耐えてきた そう言う妻に 耐えてきた”
“いい家内 10年経ったら おっ家内”

新婚当時は愛し合う心も、また時と共に変質してしまうのでしょう。

心は常に無常でありますので、それを踏まえた上で初心を忘れ

ない心がけが大事なのですね。

新たな門出を迎えた二人の今後を心から祝福したいと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です