大阪 と 仏教 の関係

大阪 と 仏教 の関係について。

大阪はなぜ大阪と言われるようになったのでしょうか。

それには仏教の歴史との深い関わりがありました。

大阪は、かつて、「なにわ」と呼ばれており、

浪速、難波、浪花、浪華という字が使われていました。

なぜなにわと呼ばれていたのかというと、

波が速い意の「なみはや」など諸説あります。

その浪速にあった、今で言う上町台地の北端辺りが

小坂(おさか)と呼ばれていたそうです。

それを、室町時代に仏教を説かれた、

浄土真宗中興の祖と言われる蓮如上人(れんにょしょうにん)

が大坂と名前を変えたのです。

御文章と言われる、蓮如上人の手紙の中に、「大坂」と書かれて

いるのが最古の大坂です。

御文章と言われる手紙には以下のように言われています。

———————-
そもそも、当国摂州東成郡生玉の庄内大坂といふ在所は、

往古よりいかなる約束のありけるにや、

さんぬる明応第五の秋下旬のころより、

かりそめながらこの在所をみそめしより、

すでにかたのごとく一宇の坊舎を建立せしめ、

当年ははやすでに三年の星霜をへたりき。
———————-

地名が大坂となり、今は大阪城があるその場所には、

蓮如上人のお寺が建てられました。

大坂本願寺と名付けられます。今日石山本願寺という名前で

有名ですが、それは後の時代のことで、当時は大坂本願寺と

言われました。

そのお寺の周りには、町が作られ、寺内町となり、今の大阪

の商売の基礎が築かれました。

鉄壁の防御が築かれ、石山合戦(1570~1580)において

織田信長と10年間も戦い続けました。10年間近畿で足止め

された織田信長は、このおかげで天下統一ができなくなったと

も言われます。本願寺の勢力は、石山合戦の後に、退去させら

れました。

江戸時代は大坂という地名が続きましたが、大阪という地名も

使用されていました。

明治維新の前後に大久保利通によって、首都を大阪にする案も

出されていたようですが、これは実現しませんでした。

明治元年(1868)に大阪府が設置され、

明治八年(1875)8月の公文書から「大阪」になったと

言われます。

坂から阪に変わった理由としては、「坂」の字が、

土に反る(かえる)と読め、縁起が悪いとされたことや、

士に反る(かえる)とも読めますので、武士の世に戻ることを

暗示しているともとれるので、それを嫌ってのこととも言われ

ています。

大阪 の地名には 仏教 との深い関わりがあるということが

よく分かります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です