プロフィール

関西国際空港に近い、大阪府の和泉市で生まれました。

どうして、私が仏教の講師をするようになったのか。

実は、私生まれてから「虚しい、何のために生きているのかな」

というばかり考えていました。

精神的に、昔からもろく、大学卒業後、光ブロードバンド

の拡大を推進する仕事を始めるも、営業成績は真ん中でした。

「ノルマを達成してこい!!」という上司の怒鳴り声が

響き渡る職場に耐えきれず、「会社員を使い捨てにするよう

な会社に明日があるはずがない」という不安に潰されそうな

毎日でした。

精神的に辛くなり、すぐに倒れてしまい、あっという間に

露頭に迷うことになりました。

なぜこんなことになったのか、

そもそも自分が生まれて来たのが間違っていたに違いない、

生まれてきてすみませんという後悔の連続でした。

そんな時に、思い出したのが仏教時代に学んだ東洋哲学

でした。

大阪大学法学部にいた頃に、学んで忘れていたことを

思い出し、本を引っ張り出して、貪るように読みました。

・私って何?

・人生って何?

・幸せって何?

・なぜ命が大事なのか?

・どうしたら幸せになれる?

・人を助けるってどういうこと?

・どうして働かないといけないのか?

・どうしたら後悔のない人生になるの?

・やりたいことをやって後悔するのはなぜ?

・なぜ仲良くなりたいのに、分かり合えないの?

こういうことについての答えが書かれていたのです。

大学生のころは、何も分かっていなかった。

こんな大事なことを教えられていたのか、

まず仏教の勉強を再開し、仏教教室に通うように

なりました。

さらに自分が学んだことを深く記憶するために、

友達にをカフェに呼び出して、熱く語ったのです。

そうすると、その友達も感動して、

「これはすごい、人生の見方がガラッと変わるわ。

自己啓発を超えてるね」

と、人生観が変わっていったのです。

話す人、話す人が笑顔に変わる体験をした私は、

これだといよいよ確信を深めました。

毎日思い悩むことは多くあると思います。

人間関係とか、
職場環境とか、
人生全体とか、

そういう時に、いつも明るく笑顔の人と、

悩んで動けなくなってしまう人の大きな違いは、

ブッダが教える東洋哲学の視点を持っているかどうかの違いです。

前から何かきっかけでこの視点を持てた人は

元気になれますし、

そうでない人は今から知ればいいのです。

あなたの抱える憂鬱も、

その身に浸る苦痛も

青く澄んだ日照りのように

心を晴らす答えが仏教、東洋哲学にあります。

世界の見方を変えるだけで、人は幸せになれるという

東洋哲学、仏教にしかない視点を、各地で話をするように

なりました。

悩んでばかりいた私が、悩み相談を受けて話をするようになっていったのです。

今では、関西一円各地で招待を受けて、東洋哲学、

仏教の講座を開催しています。

年間150回以上の開催実績、常に初心者にも分かる

講座を目指しています。

毎日好きな仏教の話をして生活する毎日です。